学年の枠にとらわれてしまった浅はかな親←私(笑)

計算以外の単元に入った

最近まで2年生の足し算引き算をやっていました。
現在、計算はホワイトボードに1日2~4問作っておいて、夕方自力で解いてもらっています。

「計算がやりたい」

先週からRISUで図形の単元に入ったのですが、娘からは「計算がやりたい」という嘆願がありました。
図形が嫌いで言っているのではなく、計算がスムーズに出来るようになってきたことから「解ける」という達成感が味わえることに快感を覚えてきたことからということのようです。
RISUで足し算引き算の計算を進めようと思うと3年生の単元になります。
そういうことから、私の方が学年の枠にとらわれてしまい、反射的に「3年生のないようだから、もう少ししてからね」と答えて却下しました。

一応RISUのコンセプトとして、学年の内容によらず好きなところから進められるという点があります。
そういう意味では、要望通りに3年生の内容に踏み込んでもよかったかなと、ちょっと浅慮だったかなと反省しています。
ただ、学年云々よりも今は2年生の計算以外の単元に対する娘の得意不得意を整理しておきたことと、九九に集中してほしいので、選択自体が悪いとは思いません。
しかし、浅い考えで即答してしまったところにちょっと私の中の失敗感が拭えませんでした。

反省反省っと(軽い!(笑))

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です