灘中合格者数(2020年):英進館(福岡の塾)

英進館(福岡の塾)の灘中合格者数

英進館のHPに灘中の合格者数速報がアップされていました。
現在のところ15名ということのようです。

去年も合格発表当初は16名で最終的に20名まで増えたようなので、もう少し増えるかもしれません。
なお近年の推移は下記のようになっています。
2014年:13名
2015年:14名
2016年:12名
2017年:11名
2018年:12名
2019年:20名
2020年:15名(1月23日 時点)

ちなみに
福岡県内からは10名中10名、九州からは14名中13名が英進館の生徒らしいです。

ちなみに灘高校への合格者数は全国1位を何度も取っていて、たしか2018年まで8年連続合格者数NO.1だったと思います。(高校は2/10・2/11に試験があります

英進館には灘のクラスがある

らしいです。あまりよく知りません。
仮に娘が英進館に通うことになっても灘は受験出来ないので、たぶんこのクラスには入れないのかなと思います。残念です。

関東関西へ挑戦するスタイル

福岡から灘や開成を受ける子たちもほとんどは附設やラ・サールへ進学すると思いますが、進学するにあたって、関東関西のライバルたちの事が頭のどこかに入っているというのは、視線を上げるという点では良い事だと思います。
今でこそ、ネット経由の情報によって関東関西の中学受験情報がほぼリアルタイムで入ってきます。ブログでは、関東関西のご家庭の様子などもわかるので、地方と中央の情報の差が昔ほどありません。しかし、実際に関東関西の戦場へ赴いて戦ってみる、そしてその為の準備をするということを通じて得られることも多いと思います。
そういう意味でも、英進館が灘や開成など関東関西の学校へ積極的にチャレンジしているのは良い事ではないかと思っています。

余談

余談ですが、ラグビーの福岡堅樹は小中学時代に英進館に通っていたようです。
福岡県立福岡高等学校という地元では大変難関な公立高校へ進学しています。
現在は医学部を目指して勉強も進めているようです。
文武両道過ぎて、ワイ低いところから見物です。

福岡選手が英進館を訪れたという動画
英進館代表の筒井先生との対談記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です