算数検定11級 結果発表!

結果発表

全国2000万人の博士ファンの皆様、お待たせ致しました。

過日おこなわれた算数検定11級の結果が出ていました。
ありがちですが発表日を知りませんでした。
14日には出ていたようです。

さて、結果発表に参りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

合格

(名前と合格証番号は加工しています)

意外に喜びが薄かった

今回の狙いの一つは、頑張った算数で何かしら形にして、娘に喜んで貰う事でした。

満を持して結果発表をしたのですが・・・思ったほどのリアクションはありませんでした。
いや、まあまあ喜んだんですよ。ハイタッチで「イエーイ!」くらいには。
しかし、15秒で「あ、カプラで遊ぼう」と、離れていきました。

まあ、、、いいか。。。

ちなみにですが、11級の勉強の期間中に、実は10級のウェブ上に公開されている過去問を解いていました。
85点でした。
多分、来月末になれば9級までは大丈夫でしょうし、来年10月には8級も大丈夫な状態になっていると信じています。

2020年の10級以降の受験について調べたら…

というわけで、次回の受験はいつじゃろかと調べていたのですが、次回から個人受験は1~8級しか受けることが出来ないとのお知らせが出ていました。

お知らせリンク

完全に目論見が狂いました。

ちなみに団体受験だと9~11級も受けられます。
団体受験だと月1以上のペースで実施されるようです。

ちなみに2020年4月からいくつか変更点があるようです。
①検定料の改定 ←倍払うから個人受験させてほしい。
②1次検定の検定時間の変更(1~8級:60分→50分)
③途中退出の廃止(1~8級)
④9~11級の個人受験廃止 ←これが困る
⑤書店申し込みの終了

で、団体受験を調べました。
現在のところ、九州だと佐賀県鳥栖市の1ヶ所で受験が可能なようです。
来年どうなるかもわからないし、実際問題、本当に鳥栖で受けられるのか確認も必要です。

困ったことになりました。。。
知ってたら10級を受けさせたのですが、、、しくじりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です