英進館 2020年灘高校合格者数

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

9回目の日本一

英進館のHPで灘高校の合格者数の発表が出ていました。
(高校です)
合格者数は19名らしいです(ちなみに馬渕教室も19名)

一応英進館のHPに書いてあった宣伝文句も掲載
・9回目の日本一!
・直近7年で6度の全国No.1!
・灘校数学最高得点は4年連続英進館生!

宣伝としてはインパクト大ですね。
私が子どもなら「俺も英進館にいく!」って言うと思います(笑)

英進館の灘中高への執念

英進館は灘高校の合格者数で高い実績を誇っています。
同じく灘中学でも全国的に見ると関東の大手塾と遜色のない実績だと思います。

英進館の灘や開成を目指す姿勢については個人的に素晴らしい事だと思っています。
日本のトップや世界を視野に入れる際、色々な視点が考えられますが、中学入試や高校入試を通じて日本の最上位を意識するというのも一つの視点だと思います。
私たちが子供の頃は、情報収集がままならない時代で、例えば灘が日本一難しい学校である事以外、詳しい情報を収集する手立てが、私たち小中学生には少なすぎました。
今の地方の子どもたちは、ある程度情報収集がしやすくなった点で羨ましいと思います。
一方、ITによって世界中の情報が集めやすくなりましたが、それでも実際に灘や開成を目指す集団の中で勉強に励む環境にいるか否かでは、全く視点の位置や視野の大きさが異なってくると思います。
英進館では、今年の実績で灘中学16名灘高校19名の合格を誇るということから、少なくともその倍の数の生徒が灘を視野に入れていると考えられ、そういう集団や環境を作ることが出来るという事です。
また灘や開成を目指すような子の中には、目先の中高の入試だけでなく、もっと世界のあらゆることに対して視野を拡げ意識を高く持った子どもも多くいると思うので、そういう意味でも、英進館の日本トップクラスの集団を形成する力は素晴らしいと思います。

地方の女子

娘の日本や世界に対する意識づけというようなものは普段の生活の中でも私や妻なりに考えています。
そういう意味では、中学入試は目先の目標の一つにすぎません。
とはいえ目先の目標は、先にある目標を達成する為にも重要です。
こと中学受験についていうと、福岡では久留米大学附設が共学になので、一定程度の高い目標を立てる事も出来ます。
しかし、地方の女子はトップオブトップの灘や開成を目指すといった、中学受験を利用した目先の目標設定を高くする方法が男子より1つ少ない点で、未だに性差による損が発生しています。
中学受験という点で、福岡に住む娘にどのような意識付けをしたら良いのか、もう少し真剣に考えた方がいいのかもしれません。

 

ちなみにですが、附設とラ・サールの各塾の合格者数が落ち着きました。
2020年版の内容は下記を参照ください。

【速報】2020年 久留米大学附設中学合格発表

2020年1月29日

2 件のコメント

  • 同様の質問を知り合いの方からされました。

    その方のお嬢さんは現在附設中に通っていますが、附設合格自体は余裕で、もう少し上の目標を持ちたいとのことでした。

    男子だったら灘合格が附設の合格の上の目標になるのでしょうが、女子だと受験できないし、英進館の灘クラスは女子は原則入れてもらえないとのことでした(ただし、その子の学年に英進館でずっと1番で附設中に首席合格・進学した女子は例外的に灘クラスだったそうです)。

    その子に話したのは、算数オリンピックの出場、全国統一小学生テストの決勝大会の出場、附設中首席合格を目指すこと、この3つです。最後の目標は、今年に限っては不可能と言われましたが、そのつもりで頑張れと話しました。

    結果的に、その子は高い目線で勉強を続けて、附設でもずっとトップクラスをキープしているとのことです。

    • OBですさん

      おっしゃる通り、女子は自前で高い目標設定が必要ですね。
      その目標として、目下に控える算数オリンピックの出場、全国統一小学生テストの決勝大会の出場、附設中首席合格など、少し遠い先にある大学受験、その先にある職業選択やなりたい姿をうまく組み合わせることが大事になるのかなと思います。
      ちなみに小学校低学年だと全統小決勝やキッズBEEなどが視野に入ると思いますが、我が家は今のところ低学年の全統小決勝やキッズBEEは視野の外に置いています。子どもが興味を持ったら考えますが、それよりも3年生までは、他の要素に影響されない体系的な学習を進めたいというのが親側の希望です。
      いずれにしても中学受験に関連する目標設定は、親としても色々と考える必要がありそうです。
      具体例、ありがとうございます。力になります!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です