保育園のお当番

保育園年長二日目

夕食時の会話

今日は、お当番のグループ分けがあったようです。

「お父さん!今日ね、グループ分けがあったとよ!」

博士「そうね。誰と同じグループやったと?」

「○○ちゃんと○○ちゃんと・・・・とね同じやった。」

博士「よかったやん。」

「娘ちゃんね、「のどぐろ」グループやったとよ!」

博士「何て??」

「のどぐろグループ!」

博士「魚の種類で分かれとるとね?」

「うーうん。寿司のグループよ。のどぐろグループって渋いやろ?」

博士「渋いって言葉わかるん?つうか、寿司て(笑)のどぐろて(笑)」

「他に何があるんやったっけ?」

「えっとね、「たまご」やろ「いくら」やろ「えび」やろ「シーチキンサラダ」やろ・・・」

博士「(笑)」

どういうコンセプトの教育方針なのかはわかりませんが、個人的にこういうネタは好きです。

寿司だけに。

強引に理科に結び付ける

このあと図鑑で、のどぐろ=アカムツを調べて見せることで、また一歩生物への興味が湧きました。

博士の興味がね。

図鑑は、とりあえずリビングにおいておけばいいらしいです。たまに気づいた時にでも開けばいいらしいです。

頭がいい子の家のリビングには必ず「辞書」「地図」「図鑑」がある」については、そのうちにレビューを書きたいと思っています。

今日は違う内容の記事書こうと思っていたのですが、気が変わりました。今日はここまで(笑)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です