久留米大学附設中の合格目標とは

福岡での女子の受験

福岡の女子の受験事情を整理

下記の過去記事では、大まかな福岡の女子の受験事情を簡単に書きました。

福岡の女子の中学受験事情(学校選択):http://ph-d-papa.com/exam-situation-fukuoka/
福岡の女子の中学受験事情(塾選択):http://ph-d-papa.com/exam-situation-fukuoka-cram-school/

上記の記事の内容をクロスさせて、かつ内容を絞って整理します。

1 女子最難関は久留米大学附設
2 久留米大学附設と他の中学との入試難易度や大学合格実績の差は歴然
3 久留米大学附設中学への合格請負塾は英進館・日能研・全教研に絞られる

大体こんなところです。

「合格」ラインの獲得

私の中学受験の経験や最近の受験事情の私なりの分析を通じていうと、久留米大学附設中学の「合格」を狙うだけならば、過度な先取り学習は必要ないと思います。英進館・日能研・全教研あたりで、4年生位から入塾して親がしっかりサポート出来れば、大変ではあるけれども無理なレベルではないと思います。

「合格」ライン上の子供のその後

この「合格」という目標設定は、中学入学後に子供を不幸にする恐れがあります。

久留米大学附設中学レベル中学受験合格者は、下位20%くらいの子でも、中学入学時点では公立中学校に照らせば神童レベルです。

しかし、この下位の子達は、いつまでも「久留米大学附設中学では下位でも公立の中学や高校に行ったら神童レベル」かというと、そうではありません。残念ながら「久留米大学附設中学では下位で公立中高でも少しだけ出来る程度のレベル」まで落ちていきます。詳細は省きますが、単純に蟻の2:6:2の法則が発動されてしまうということです。不思議ですが法則通りになります。

中学受験の経験者ならばこの状況は良く分かっていると思います。そして下位の蟻地獄を抜け出すのは容易ではないということもわかっています。私は身を持って知っています。今となっては思い出のようなものではありますが、当時の自分が今の自分の子供だとするならば、あの這い上がる為の苦しみを味わわせるのは、やはりかわいそうに思えます。

大学を念頭にして目標設定を見直す

中学「合格」は通過点

中学受験は、その後の大学受験合格という目標(目的と言えるかもしれない)や、更に先の人生を豊かにするという目的の為の通過点であり目標となります。子供達は、自らの夢を達成する可能性を広げる為に大学選びを考えます。そしてその大学選びの幅を広げる為に中学受験をしています。

大学合格実績を参照する

少しザックリした数字で書きます。例えば、久留米大学附設ならば東大・京大・国立医学部の合格は近年100人ほどでしょうか。現役だと70名くらい?これは高校からの入学者も含まれるので、中学受験で久留米大学附設中学へ入学する中でいうと上位50位あたりに属する子供が将来的に東大・京大・医学部に現役合格するという大まかな見方が出来ます。

とりあえず数字は適当ですが、言いたいことは久留米大学附設中学に入るにしても合格者の中で中位~上位で合格する力が無いと、大学の自由な選択は狭いということです。

久留米大学附設中学受験での目標設定

狙いを定める

ここまでの内容で分かるように中学受験での目標設定は「合格」ではダメだというのが私の考えです。まず、最低限の狙いは、各中学高校の大学合格実績と照らして、親子で大学受験を見据えた上で各中学の上位どれくらいに入っておく必要があるかを把握して、目標設定の目線を上げておくことが必要です。実際には出来るだけ上位を目指すということになると思いますが、とりあえず、大学受験を念頭にした上での「真の最低合格ライン」を把握しておく必要はあると思います。

早期教育

冒頭の内容に戻ると「合格」は、4年生からの塾通いと親の気合で成すことは可能です。しかし、中位~上位合格となるとそうはいきません。先の附設の大学合格実績と最近の英進館の灘の合格実績などを加味して考えたら、色々覚悟が要ります。

早期教育は、難関中学受験での上位合格を視野に入れると、取り入れた方が良いと思っています。我が家では、諸々の考えのもとに早期教育・先取り教育を進めています。

 

 

早期教育・先取り教育の是非などについては、また後日。今日はここまで!

 

中学受験ブログランキング

「Dr.Papa」以外のブログも参考になります!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

2 件のコメント

  • たしかに僕も附設でしたけど、下位は非常につらいし、精神的にも追い込まれます。
    附設は上位を伸ばして下位を見捨てる風潮がすこしつよすぎるようなきがします。

    • 渡邊さん
      コメントありがとうございます!
      附設出身者の声はありがたいです!
      私自身は附設出身ではないのですが、おそらく多かれ少なかれ、どこの学校も下位に対する扱いは悪いと思います。
      運営的には多少仕方のない面もあると思いますが、寂しいものはありますね。
      近年、附設の躍進は目を見なるものがあります。
      今後は、受験もさることながら、入ってからの戦いもより熾烈になるのだろうと思っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です