【公文・学研】算数ドリルがリニューアル!

算数ドリルを立ち読み

書店に行ったら、公文と学研のドリルが刷新されていました。
申し合わせたかのように両社ともにカラー版になっていました。

カラー版

個人的にはカラーになったのは大きいと思っています。
特に未就学児や低学年の場合はカラーの方が見やすいですし食いつきも良いです。
昨年まででいうと、文理のドリルがカラーでした。

内容

計算ドリルに限っていうと、内容も多少改良されているようです。
公文と学研の上記のドリルはコンセプトが異なります。
似たようなものだという方もいますが違います。

学研の方は、RISU算数と方向性が似ています。
公文の方は、まさに公文式です。

どちらが良いかというと、これは家庭の教え方によると思います。
個人的には、1~3年生の内容に関しては学研の方が数に対する理解を深めるには使い勝手が良いと思います。
単純に計算の演習だけならば公文の方が見やすくて良いです。
そういう意味では、学研のドリルから入って、演習が不足するならば公文のドリルを使うという順番がおススメです。
ちなみに、幼児用の計算ドリルも同じような感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です