入学式延期→授業延期→家庭スパルタ教育

ホントは今日は入学式!

福岡県でもコロナウイルスは猛威を振るっております。
小学校も影響を受け、入学式は来月に延長になっています。
本来ならば、今日が入学式でした。
まあしかたがないですね。

福岡のコロナウイルス感染状況

ご存知の通り、先日の緊急事態宣言において福岡県も対象地域に指定されました。
一時期、院内クラスター感染などによって、1日当たりの感染者数が25名と目立つようになったため、指定地域に入りましたが、9日までに県単位では累計161名、福岡市は150名ということです。
ここから先の油断は禁物ですし、落ち着いてから後の動きこそ、福岡市民の民度が問われると思います。

個人的には、一旦非常事態宣言を出した以上は、ワクチンや治療薬の普及やその他に対抗できる要素がない限り、収束は無いと思っていて、宣言撤回も難しいと思っています。
そういうことから、1年くらいはまともに動けない可能性もあるとして対策を練っておかなくてはならないと思っていますし、それどころか、感染するという前提、最悪死ぬことを前提として対策を練る必要があるとすら思っています。
家族が元気に過ごせるならば、出かけなくてもいいし、預金を全て食いつぶしてもいいので、なんとか収束の方向に向かって欲しいものです。

小学校・学童・テレワーク

私の住む地域では、近隣の病院でクラスターが発生したり、娘が先月末まで通っていた保育園の保護者が感染したりするなど、脅威が身近でリアルに迫っており、緊張感があります。

そのような中、小学校は閉鎖中ですが、学童や保育所は開いております。
ご自身の罹患のリスクを抱えながらも懸命に活動していただいている関係者には、本当に頭が下がります。
おかげで共働きの世帯は生活が成り立っています。
関係者が罹患しないことを切に祈るばかりです。

ところで今日から我が家は私と妻、共にテレワークとなる環境が整いました。
そういう訳で、完全に娘も家で過ごせるようになりました。
これで基本的に学童へご迷惑をおかけせずに済みます。

二人がかりなので、日中、お互いが数時間ずつ娘との時間に充てて、夜と早朝に仕事の時間を補填すれば、とりあえずいけそうです。

小学校生活を補完

本来ならば、来週からは小学校生活が始まる予定でした。
子どもには、その状況は理解させています。

そこで来週からは、学校でやるであろうことも家庭でやっていくことにしています。
体育も音楽も図工も勉強も、これから圧倒的な早期教育によって徹底的にシゴイて、来年の東京オリンピックの出場、国際なんとか音楽コンクール的なもので優勝、来年以降の全国統一小学生テストではすべて全国1位は確実ですね。

知らんけど。

そのうち、今後の勉強の方針も記事にしようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です