10日の半分を自宅療養

この長期の休みは、遠出などはせず自宅と祖父母宅でマッタリです。

そんな中、平成から令和にかけて娘が高熱を出し、腹も壊してしまい、3日ほどは安静にする日々が続きました。10日の半分が自体療養という感じで、こうなると親も子も退屈です。

この病気の期間を含め5日ほどは何もしていません。これで特に何か問題が発生するわけではありませんが、4年生あたりになって塾に行き始めたり、更に受験前などになると焦るんでしょうね。

ようやく体調も回復して色々なところへ行けるようになっています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です