九州の中学入試日程(令和3年度)

九州の中学入試日程一覧

九州と関西圏の主要な中学校の入試日程が出揃っています。
早い順に並べてみます。

■1月6日(水)弘学館
■1月9日(土)青雲 愛光
■1月10日(日)西大和
■1月11日(月)早稲田佐賀(A日程:本校・名古屋・首都圏)
■1月14日(木)西南学院
■1月16日(土)福岡大学附属大濠 灘(1日目)
■1月17日(日)早稲田佐賀(B日程:福岡・北九州・熊本) 灘(2日目)
■1月23日(土)久留米大学附設 ラ・サール
■2月5日(金)早稲田佐賀(B日程:本校・首都圏)

受験日程戦略

1月23日(土)の久留米大学附設とラ・サールが競合する以外は全てバラバラの日程になっています。
九州の場合は久留米大学附設とラ・サールが本命になるので1月23日に心身のピークを持ってくる必要があります。
また今年はインフルに加えてコロナにも注意が必要なので、例年のように全ての学校を受けるというのはリスクを伴います。
ウイルスの潜伏期間などを考慮して1月23日から遡ると、久留米大学附設やラ・サールの合格可能性が高い子などは、1月6日~11日あたりは敬遠する可能性がありますが、久留米大学附設とラ・サールの次点候補がここに集中しているのが中々悩ましい感じです。

ともかく子どもの実力、行きたい学校、登校距離など様々な観点から上手な受験日程を組まなければなりません。
例年であれば本命の為の試験慣れとして通えない学校でも受ける選択はあると思いますが、現在のコロナ禍の状況だと通える学校や寮のある学校に絞った方が賢明な気がします。
結構このパズルは難しいですね。

女子について

女子はラ・サールと灘以外は受験可能です。
九州に関しては受験日程戦略的には男女差はあまり無いです。

私が女子小学生ならば弘学館→西南or大濠→久留米附設かなという感じです。
これは「通える」もしくは「女子寮」のある学校という選定をしています。

弘学館はもう少し大学合格実績がよければ女子寮は結構魅力的な気がするんですけどねえ。
国公立医学部20人程度、九大なども含めると30名程度合格しているので結構お得なのかもしれません。
福岡だと通える西南や大濠の方が良いのかなと現時点では考えています。
…割と難題だな。諸々含めて附設に受かってくれるのが一番ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です