算数の入試問題の回答に必要な能力

今回は、算数の入試問題の回答に必要な能力について私なりに整理しておこうと思います。

算数で必要な4つの力

私は、中学受験の算数を解く際に必要な力について大きく下の4つに分けています。

・計算力
・知識力(基礎力)
・思考力(応用力)
・注意力

 

具体的に娘の学習方針を考える際には、各能力をより子細な要素に分けて考えています。

計算力

(1)単純計算(計算や筆記のスピードと正確性)
(2)計算の工夫
(3)計算の知識(「汎用性の高い法則的知識」「即効性の高い個別的知識」)

知識力(基礎力)

(1)学校で学ぶ初歩的知識(計算力の知識も含む)
(2)特殊算の知識(中学受験特有の知識)
(3)典型的問題の解法

思考力(応用力)

(1)見える力(①図形センス ②空間認識力 ③試行錯誤力 ④発見力)
(2)詰める力(①論理性 ②要約力 ③精読力 ④意志の力・執念)

注意力

(1)読解
(2)計算
(3)転記

上記4つの能力については、またそのうちにまとめようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です