読めているのか?1年生漢字

私の想定よりだいぶ早かった

6月から陰山漢字ドリルを使って、ボチボチと1年生の漢字の読みを進めて来たのですが、1週間ほどで全部読めるようになってしまいました。良い意味で想定外です。年中時に少しやっていたことも功を奏したのでしょう。ズルい。いや、これこそ先取りの効果です(笑)

本当に漢字が読めているのか

しかし、実は漢字が読めているのではなく、文を丸暗記してしまっているのではないかという私の中の疑惑がありました。そこで「コンとこんきち」という1年生の漢字を網羅した物語文を読ませてみました。

結果は・・・?

 

 

どうなんだ?

 

 

爆走おてうブログ風の改行に震えろ!

 

 

こんなことやるほどの内容じゃないぞ!

 

 

結果は!

 

 

まあまあ読めていました!(普通すぎる)
多少躓くところもありましたが、とりあえず安心できるくらいには出来ていました。

2年生の漢字の読み

とりあえず、もう少し1年生の読みは繰り返す必要がありますが、2年生の読みと並行してやっていれば、そのうち自然と補完できるんじゃないかなあという程度なので、粗方で次に行きたいと思います。

そこで、手持ちの2年生用の陰山漢字ドリルを見てみたのですが、年長さんだとボキャブラリー貧弱なので、文の意味を理解するのに苦労そうな気がします。1年生の陰山漢字ドリルと同じく50文で構成されているので、ゆっくり説明して無理のない感じに進めることが出来たらと思います。

実はこの陰山ドリルの次の教材を用意していません。3月に私が作ったプリキュア画像入りのオリジナルプリントはあるのですが、今見直すと効率的なつくりになっていません。やたらと文章量が多いです。まるまる一月かかったのに!時間返して!!(自己責任)

というわけで、やはり1年生の「コンとこんきち」に続く第2弾、2年生の「星のおくりもの」を採用しようかなと思います。
「コンとこんきち」も「星のおくりもの」もアマゾンでかなりのページの中身を見ることが出来ます。一度ご覧になってはいかがでしょうか。本当によく作ってあるなあと感心します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です