グアムに行ってきた

グアムに行ってきた

先週10日から家族旅行でグアムに行っていました。
娘は初の海外旅行でした。

グアムはお手頃

幼児を連れていく海外旅行としては、グアムあたりはお手頃です。
時差1時間なので、生活リズムを大きく崩すようなこともありません。
フライトも3時間半程なので年中さん以上くらいだとそこまで機内でも飽きることなく旅が可能だと思います。
(0~3歳くらいの小さなお子さんを連れていた家族は結構大変そうでした。)
更に丁度年長さんくらいだと思い出にも鮮明に残る頃なので、年齢的にもおススメです。

教育上どうなのよ?

さて、このブログは中学受験ブログです(笑)。
まあ流石に中学受験云々はおいといて、早めに海外の空気を吸いにいくだけでも、きっと視線が遠くに及ぶようになると思うので、それだけで価値のある経験だと思います。
とりあえず、海外が楽しいところだということが体験出来れば、まずは万事OKじゃないでしょうか。

連れていって思ったのは、出来ればどこでも良いので子供には早いうちに海外に連れて行ってあげたると色々と良いかなと思います。

その上で、あえて英語の勉強にこじつけると、以前から、英語の勉強を強いる前に、その英語を使うフィールドを実際に経験させる方が順番としては先ではないかなとは思っていました。
旅行という何気ないことですが、これだけでも英語を勉強することが目的ではなく手段だということが勘でわかるようになると思います。英語を勉強すると、どういうことに繋がるのかが肌でわかるというのは、0と1とでは大きく違うと思います。
最近は小学校から英語の勉強が始まるので、英語を試験の為の勉強として考えてしまう前に、英語は実際に旅行や仕事で使うものだという実体験を与えることは、これからは幼児期であっても早くは無いと思います。
公文英語よりもグアム旅行が先ですよ奥様。

他にもこまごましたことを言えば、海外に行くにはパスポートが必要で、その為の申請が必要だというも経験ですし、そのパスポートも飛行機を降りたらチェックされることなども経験です。いきなりお店の店員さんがHow old are you?と聞いてくるもの経験ですし、それを北円で習ったI’m five!と答えるだけでも良い経験だったと思います。信号機の色や形が違うという事に気づいただけでも十分です。

とまあ、強引に教育上も良いよということをいろいろと書いてみましたが、実際は単に遊んでばかりでした。
別に教育上のメリットがそこまであるわけではないと思いまあす。

とりあえず、幼児期の海外体験としてのグアムはお手軽なのでおススメで~す。
あ~楽しかった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です