読ませたいけど与えていない日本史の漫画

昨日は、最近の読書について書いてみました。
今日は、1つ日本史の漫画についても書いてみようと思います。

私は社会が苦手で特に歴史は全くダメでした。
そんなことから、娘には歴史アレルギーを持ってほしくないとので、歴史漫画から入るようにしたらどうかなあと思っています。
しかし、娘は今のところ歴史に興味が湧かないようです。
なんか学童で弥生~平成のいわゆる○○時代を教えてもらったことがあるらしく、それだけは知っています。
もう一息何か興味のフックになるようなことがあれば、歴史漫画を棚に並べておくのですが、未だその気配すらないので買っていません。

今は、図鑑など理系方面の本を読むことが多く、まだまだ読みこなすには十分なストックがあるので、今のところは焦って買わなくても問題ないと思っています。
そろそろかなあというタイミングが来たら一式買って、よく教育本で見るような「親が読むのを見て子も読みたくなる方式」を使って、私が楽しそうに読む姿を見せびらかす作戦を採用しようと思っています。
あとは面白そうな映像があれば、そこから入るのも良いなと思っています。
これらの方法でダメなら諦めて塾に入ってから努力で何とかしてもらうことにします。

やれることは満載なので、歴史に限らずなんでも、時期が来れば与えるし時期が来なければしょうがないと割り切っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です