2021年 国公立 医学部医学科 合格者数ランキング【トップ30】

医学部医学科(国公立)合格者数ランキング【2021年トップ30】

2021年医学部医学科(国公立)の合格者数ランキングです。
参照はサンデー毎日(4月25日号)と週刊朝日(4月23日号)です。
近日、東大・京大・国公立医学部の合計ランクを記事にします。


上記2冊は中学受験を考える上でも重要な資料になると思うので購入をおすすめします。
今年は久留米大学附設に関してのちょっとした特集記事が載っているので附設を視野に入れているご家庭には特におすすめします。

ランキング上位30

  1位 93名 東海
  2位 90名 久留米大学附設
  3位 79名 ラ・サール
  4位 72名 洛南
  5位 66名 熊本
  6位 65名 西大和学園
  7位 61名 東大寺学園
  8位 55名 愛光
  9位 54名 桜蔭
10位 52名 札幌南
10位 52名 旭丘
12位 50名 青雲
13位 49名 灘
14位 48名 甲陽学院
15位 47名 南山
15位 47名 四天王寺
17位 46名 仙台第二
17位 46名 大阪聖光学院
19位 45名 豊島岡女子学園
19位 45名 洛星
21位 43名 新潟
21位 43名 昭和薬科大付
23位 39名 海城
24位 38名 滝
24位 38名 北野
24位 38名 清風南海
24位 38名 白陵
28位 37名 北嶺
29位 35名 筑波大附属駒場
30位 34名 渋谷教育学園幕張

ランキングはサンデー毎日のものを利用させていただきました。
17位の仙台第二の46名が週刊朝日では45名となっていますがサンデー毎日の方を採用しました。
なお九州の学校はオレンジ表示しました。

ランキングの中で開成高校が入っていません。
サンデー毎日によると東大理Ⅲの10名しか情報取得が出来ていないようです。
一応過去の推移を書いておきます。
開成:57名(2018年)、70名(2019年)、48名(2020年)
例年通りであれば5~14位あたりにランクインします。

現役合格者占有率

サンデー毎日の「医学部医学科現役合格者占有率ランキング」も紹介しておきます。
簡単に上位5校を書いておきます。

順位 現役合格者数 現役占有率 高校名
1位 61名 29.9% 久留米大学附設
2位 32名 26.2% 北嶺
3位 45名 19.7% 桜蔭
4位 29名 16.5% 大阪聖光学院
5位 37名 16.4% ラ・サール

考察

【久留米大学附設の2位】

九州の中学受験的に今年はなんといっても九州のトップ2である久留米大学附設とラ・サールの2校が2位と3位にランクインしたことに目がいきます。
久留米大学附設に関しては、サンデー毎日、週刊朝日ともに大きく取り上げられています。
記事では教頭先生の談話として、学生のレベル自体は例年通りだったものの、ここまで伸びたのは、教員と生徒との信頼関係、教科間の連携、特講(特別講座)、寮などが要因として挙げられるとのことでした。
また2013年からの共学化に伴い、女子に医学部志望者が多くなってきていることも要因として挙げられています。
ちなみに今年は東大理Ⅲも3名合格しています。

九州大学医学部についてはまたまとめていきますが、今年も26名でトップでした。
2位はラ・サールで12名、3位は大濠で6名、4位は小倉と熊本で4名ずつとなっています。

もう一点、現役合格者数を見ると医学部現役合格61名は卒業生204名のうち約30%を占めます。
さらに東大現役27名と京大現役4名を加えると合計92名で約45%になります。
今年に限って言うと、久留米大学附設で上位5~6割あたりに位置していると必然的に国立医学部、東大、京大を狙えるという計算になります。
この数字から中学入試に話を移すと、将来的に国立医学部、東大、京大を狙うのであれば久留米大学附設中学の入試では合格者平均以上を狙いたいという計算が成り立ちます。
ここに更にラ・サールの状況も踏まえて、4年生以降の通塾後の立ち位置を把握していけば、先の話とはいえ大学入試との距離感が掴みやすくなります。
久留米大学附設中学合格を考えておられるご家庭でしたら、今回のデータや今年の久留米大学附設中やラ・サール中の各塾の合格者数などと照らしてお子さんの現在の学力を見ていくと、多少なりとも大学入試との距離感が掴めるのではないでしょうか。
下記に今年の久留米大学附設中とラ・サール中の各塾の合格者数をまとめた記事を置いておきます。

中学受験は、それそのものが目的ではなく、あくまでも大学入試やその先の為の手段です。
中学受験の先を見据えるためにも大学受験結果などは具に追っておきたいところです。

【どうした灘】

医学部合格者数上位常連の灘(昨年2位で81名)が49名で13位と低迷しています。
近年の推移だと96、90、81、49となっています。
今年は東大合格者数を伸ばしたこともあってのこととも言えますが京大も20名なのでどうなのかなという感じです。
とはいえ東大理Ⅲ12名、京大医14名など超絶トップを多数輩出していることには間違いないので、相変わらず灘。

【西大和学園旋風】

今年は東大合格者数も大きく伸ばした西大和学園、医学部合格者数でも昨年41名の18位から今年65名の6位へ躍進しています。
のちほどまとめる東大+京大+国公立医学部ランキングをまとめるのが楽しみです。

【関東勢】

国公立医学部ランキングを作ると鳴りを潜めるのが関東の学校です。
東大があるので当たり前なのですが、その中にあって桜蔭と豊島岡女子学園の女子御三家の2強が54名の9位と45名の19位にランクインします。
久留米大学附設の教頭先生の談話の中でも女子が医学部を志望する傾向にあるということから照らすと、この2校がこの位置にいるというのもなるほどなと思います。

余談

医学部に関しては様々な媒体で色々な情報取得が出来ます。
一つ紹介しておきたいのがYoutubeチャンネルの「医学部受験 MEDUCATE TV」です。
渋幕、千葉大医学部出身の細井龍先生のチャンネルです。
色々と面白い動画があるので是非参考にしてください。

2020年国公立医学部の合格者数ランキングはこちら

医学部医学科(国公立)合格者数ランキング【2020年トップ30】

2020年4月14日

2021年東京大学の合格者数ランキングはこちら

【速報】東京大学合格者数ランキング【2021年上位25】

2021年3月10日

2021年九州大学医学部の合格者数ランキングはこちら

執筆中

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です