【記事の訂正】2020年 東大・京大・国公医 合格者数一覧

タイトルの記事を訂正しております。
開成と早稲田が対象となります。

ご指摘いただいた方には大変感謝しております!

よりによってソース元の「サンデー毎日(2020年4月26日号)」を紛失してしまい確認が出来なかったので、開成と早稲田に関しては各高校のHPを参考にさせていただいております。
なんでこんなに間違いが生じたのだろうか・・・

ところで改めて2020年の東大・京大・国公医の合格者数一覧について眺めてみると九州の学校の中では、附設とラ・サールの合格実績が一線を画していますね。
多分学校で真ん中くらいに位置していれば1浪までに概ね東大・京大・国公医に合格する勢いです。
東大・京大・国公医を念頭に入れると、女子に限っては附設一択になってしまうのが九州の現状です。

もちろん福岡には九大があるので、ここを含めれば選択肢は一気に広がりますが、そうなると県立高校を目指した方が圧倒的にコスパが良いです。
そうであるならば九大の入試問題レベルからしても中学高校の基礎を固める方向で先取学習を進めた方が良さげです。
…色々想像すると、こっちの方が魅力的な気もします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です